あと、もうほんの少しのところで家に着くのに

昨日、仕事から帰る途中、バス停でバスを待っているときに、パラパラと雨が降ってきましたた。
昼間も少し雲が多いかなと思っていましたが、雨が降るような天気ではありませんでした。
「なんとか一日もったな」と思っていた矢先、家に帰るほんのちょっと手前で雨に降られてしまった感じです。
降り始めたときには「5分もすればやむかな」と思っていたのですが、あっという間に雨足は強まってきてしまいました。
それこそ、夏の夕立のように、大粒の雨が地面や建物の屋根を叩きつけるように降ってきて、さすがに折りたたみ傘をささずにはいられませんでした。
電車から降りてくる人やコンビニやカフェから出てくる人は、みんな思いがけない強雨に驚いている様子でした。
それにしても、あとバスが到着するまでほんの数分だというのに、とてもタイミングが悪い雨には困ってしまいます。
傘を差せば、家に帰って傘を乾かさなくてはならないし、そもそも折りたたみ傘は出し入れするのが面倒です。
もう15分遅ければ、家に着いていてのにな、と、雨のことを恨まずにはいられませんでした。ベルタ 店舗取り扱い