体に良いからと言っても食べすぎはよくありません

みかんに含まれる栄養素はとても体に良く、代表的な健康効果として、風邪予防と毛細血管強化があります。
みかんは言わずと知れたビタミンCの宝庫で、風邪ウィルスと戦う白血球の活動を活性化させてくれます。
毛細血管とは、人体を駆け巡る動脈から非常に細かく枝分れした血管で、この血管が強化されると言うことは健康維持に直結します。
また、生活習慣病や動脈硬化の原因になるコレステロール値を下げる効果や花粉症やアトピーなど、アレルギー反応を抑える効果も期待できます。

いくら体に良いからと言っても、食べすぎはよくありません。
みかんは体を冷やす作用がありますし、みかんの成分が発がん性を高めるのではないか?と言う研究結果も出ているそうです。
また、黄疸が出ることもありますし、お腹を壊し下痢になることもあるので注意が必要です。

みかんは糖分が多いため、1日の適量は3個までです。
美味しいからと言って食べ過ぎないように心がけましょう。キャッシング 即日